万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

26年の自信整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

0000094666.jpg

HOME ≫ ご注意

的外れではシコリが成長し続け神経圧迫による痛みや内臓疾患の悪化が進む!

0000096642.jpg

●骨盤背骨のズレによる神経圧迫で起こる腰痛・肩こりは、あらゆる内臓疾患の出発点になる。

骨盤背骨のズレによる神経圧迫は、手技による原因療法が適応で薬と電気の対症療法は的外れ。

骨盤背骨のズレが原因の腰痛・肩こりに薬と電気の対症療法は的外れ。

●骨盤背骨のズレが原因の坐骨神経痛・変形性膝関節症薬と電気の対症療法は的外れ。

骨盤背骨のズレが原因の頚肩腕症候群に薬と電気の対症療法は的外れ。

骨盤背骨のズレが原因の背中痛に薬と電気の対症療法は的外れ。

骨盤背骨のズレが原因の五十肩・テニス肘・腱鞘炎に薬と電気の対症療法は的外れ。

●治療マニュアルにある捻挫打撲冷やし捻挫固定は間違ってる。

●治療マニュアルにある側わん症コルセット療法は間違ってる。


●治療マニュアルにある椎間板ヘルニア牽引療法は間違ってる。

●治療マニュアルにあるむち打ち牽引頚椎カラーは間違ってる。

腰椎4番5番が狭い腰痛患者さんを牽引してもムダ。

頚椎5番6番が狭く、手の痺れを訴える患者さんを牽引してもムダ。

腰痛首痛の患者さんにX線写真を見て「骨は正常で問題ありません」と言うのは論外。

腰痛の患者さんに「腹筋を鍛えなさい」と指導する様では未熟。

経絡経穴重視の按摩と、脊椎関節機能重視のカイロプラクティックは共に手技療法が別物。

整体・カイロプラクティックで問題にする脚長差、4~5ミリ以内なら生理的範囲。

整体・カイロプラクティックと称し骨をボキボキ鳴らすのは危険。

●骨のボキボキ音は靭帯が伸ばされる時に出る捻挫音

●骨をボキボキ鳴らす事が、整体・カイロプラクティックの治療だと思っている人がいる。

●いつも指をボキボキ鳴らして指を捻挫させていると、そのうちに首が悪くなる。

猫背骨盤背骨のズレの原因になる。

頬杖骨盤背骨のズレの原因になる。

横座り骨盤背骨のズレの原因になる。

足組骨盤背骨のズレの原因になる。

尻もち骨盤背骨のズレの原因になる。

産後管理とはホルモンで伸びた靭帯が締まって元に戻る間、手足を動かさず安静にして寝ている事。 

産後管理期間中動くとホルモンで伸びた靭帯のせいで骨盤背骨がズレる。

産後管理期間中動くとホルモンで伸びた靭帯のせいで、将来、偽性すべり症になる。

産後管理期間中動くと骨盤背骨のズレのせいで、将来、坐骨神経痛になる。

産後管理期間中動くと骨盤背骨のズレのせいで、将来、変形性膝関節症になる。

産後管理期間中動くと骨盤背骨のズレのせいで、将来、脊柱管狭窄症になる。

昔の姑はこの期間の重要性を知っていたので、お嫁さんが動くときつく叱った。

新生児室病室を往復すると、ホルモンで伸びた靭帯は伸びたまま一生戻らなくなる。

生理痛骨盤背骨のズレている人に多い。

股関節痛・足底痛骨盤背骨のズレている人に多い。

五十肩・四十肩骨盤背骨のズレている人に多い。

ゴルフ肘・野球肩・野球肘骨盤背骨のズレている人に多い。

骨盤背骨のズレている人が寝過ぎると腰痛になる。

骨盤背骨のズレている女性が下半身を冷やすと膀胱炎になりやすい。

骨盤背骨のズレている女性は便秘になりやすい。

骨盤背骨のズレている女性は婦人病になりやすい。

骨盤のズレている人が右ききであれば、7~8割は左脚が短くなっている。

猫背のピアニストは腱鞘炎になりやすい。

●歳とって背筋力が落ちると、背骨への負荷が増え脊柱管狭窄症になりやすくなる。

変形性膝関節症骨盤背骨で治すもの。患部ばかり攻める様では未熟。

むち打ちを治療マニュアル通り治療するとこじれる。むち打ち骨盤背骨で治すのが一番。

痛い所は原因ではなく結果。結果ばかり攻めるのは論外。

市中の温水プールは水温が低過ぎて、腰痛膝関節痛リハビリ水中歩行』は論外。

●『ウォーキングは健康の基本』とは言えない。鍛えるべき筋肉は年齢が上がると変わる。

足のむくみを訴える人はふくらはぎが縮んでいる。

顔がむくむ人は、免疫力強化器具を使ってリンパ液の流れを改善すれば小顔になれる。

●「腰椎4番5番が狭く神経の孔を広げる為に牽引します」と言うのは論外。

●「頸椎5番6番が狭く神経の孔を広げる為に牽引します」と言うのは論外。

ぎっくり腰を牽引する様では未熟。

ぎっくり腰の患者さんをローラーベッドに乗せる様では未熟。

●いつもキツいGパンをはいていると腰痛になる。

●ミニスカートをはいて脚を冷やす腰痛になる。

●いつもハイヒールを履いていると腰痛になる。

●いつもハイヒールを履いていると外反母趾が酷くなる。

●いつもハイヒールを履いていると生理痛が酷くなる。

●いつも首をひねってテレビを見ていると頚椎のズレが発生する。

●いつも肘に鞄をかけている人は頚椎症になりやすい。

●胡坐はに正座はに悪い。

●長時間のスマホは首に悪く、頸椎椎間板ヘルニアストレートネックの原因になる。

●靴の踵の外側が減っている人は、O脚になったり下半身デブになったりもする。

●安物のイヤリングやネックレスは、肩こり・偏頭痛の原因になる。

骨粗しょう症カルシウム不足が原因ではなく、血液の酸性化が溶ける虫歯化現象

●清涼飲料水やスィーツの砂糖過剰が血液を酸性化骨粗しょう症糖尿病ガン等々万病の元になる。


ふくらはぎを揉むとエコノミー症候群を誘発する事もあるので危険。特に、放射線量が高い地域。

捻挫でさえ治療マニュアル通り冷やすとこじれるのに、投球後のアイシングは自傷行為。

●昔は冷えが故障の原因になると知っていたから、プロも高校野球も肩肘を冷やすのは厳禁だった。

●投手の肩肘をダメにするアイシングは、米国マッチポンプ医学らしい故障狙いの処置。

アイシングに騙された松坂・ダルビュッシュ・田中投手が肘手術で大損し、米国医師が大儲けした。

米国医学冷やす医学で、免疫力強化医学温める医学。体を冷やす免疫力が弱まる。

●冬流行する風邪・インフルエンザは、体が冷え免疫力が弱まる結果罹る。一番分かりやすい病気。


化学物質から創られた病気を治していると思っている人は多いが病気を治しているのは免疫力

化学物質から創られたにお金はかかるが、神様から与えられた免疫力にお金はかからない。

薬物療法には誤診副作用は付きモノだが、誤診副作用もない免疫力強化万病に効く。

●有毒な石油を原料に創られた化学物質から多くのができている。原料が毒だから当然副作用がある。

米国医学界は石油王ロックフェラーの支配下なので、有毒な石油がの原料になるのは当たり前の話。

に穴を開ける事もある鎮痛剤を飲んでいる人の中にに穴が開きリーキーガット症候群になる人も。

に開いた穴からバイ菌が血中に入り込み、血液がバイ菌だらけになると難病の原因になる事もある。

に開いた穴から未消化のタンパク質が血中に入り込み、アレルギーだらけになる人も増えている。

鎮痛剤だけがに穴を開けるのではなく、他にも色々あるのでネットで調べてみるとよい。


●病院もなくも買えない極貧国には、ガンで死ぬ人もアレルギーの人もいないが、日本には沢山いる。

国民病になっている糖尿病Ⅱ型の治し方は、糖尿病Ⅱ型がなかった戦後の食糧難時代が教えてくれる。


●有毒な石油が原料のシャンプー・リンスがハゲの原因になるので、ハゲたくなかったらお湯だけ洗髪

●貧しくて有害なシャンプーが買えないブータン人にはハゲがほとんどいないが、日本人には沢山いる。


お湯だけ洗髪の後、免疫力強化器具リンパ液の流れを良くすれば、抜け毛が減り薄毛が改善する。

免疫力強化器具を使えば、素人でもプロのリンパマッサージ以上の効果が簡単に出せる。

加齢臭足の臭いでお困りの人が、有毒な石油が原料の薬用石けんで洗えば洗うほど、余計臭くなる。

わきが人は有毒な石油が原料の薬用石けんを使うと、逆に体臭が酷くなるのでお湯だけにする。

お湯だけで体を洗った後、免疫力強化器具リンパ液の流れを良くすれば体臭が減る。

水虫免疫力強化器具リンパ液の流れを良くし、多量のビタミンC免疫力強化すると良くなる。

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院モバイルサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!