万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

26年の自信整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

0000094665.jpg

HOME ≫ つぶやき

権威は金目当てに人を騙す!

免疫力強化して治す事を心がけるべき

ドラッグストアで買える大衆薬の中には、への負担を軽くする成分が入っている物も

あるが、油断はできない。の防衛能力が落ちる空腹時飲酒時に飲むのは厳禁。1日

または1回の使用量を守り、時間を空けて服用すると言った用法用量をキチンと守らな

いといけないが、出来るだけ薬に頼らずに、免疫力強化して治す事を心がけるべき。
2018年01月01日 08:22 |コメント|

座薬でもNSAIDsなら潰瘍のリスクは同じ

医療用鎮痛剤を常用する場合、胃酸の分泌を抑えて胃粘膜を守るプロトンポンプ阻害薬

H2ブロッカーなどの薬が出る。『経口投与するから胃が悪くなるんだ』と考えて座

薬なら問題ないと考える人がいるが、これは大間違い。座薬でもNSAIDsなら潰瘍

のリスクは同じ。
2017年12月31日 07:47 |コメント|

消炎鎮痛剤を飲んでいる場合

血液をサラサラにする薬には、抗血小板薬抗凝固薬の2種類があり、一緒に使ってい

る人は、さらに出血のリスクが高まる。消炎鎮痛剤を飲んでいる場合、血液をサラサラ

にする薬
を飲む様に勧められたら、その事を医師に伝えないといけない。
2017年12月30日 06:31 |コメント|

止血には2つの段階がある

鎮痛剤プラス血液をサラサラにする薬は、胃・十二指腸の出血のリスクを高める。ちな

みに、止血には2つの段階がある。1つは血小板が血管の傷ついた部分にくっつき塊を

作る。2つ目は凝固因子が働きフィブリンが塊を強固にする。血液をサラサラにする薬

は、この2つの働きを防ぐ為に出血する。
2017年12月29日 06:47 |コメント|

鎮痛剤以外で胃を荒らすのは

鎮痛剤以外で胃を荒らすのは、強いストレス・喫煙・大量飲酒、それにピロリ菌など。

NSAIDs潰瘍は、普通の胃・十二指腸潰瘍と違って、みぞおち辺りの痛み胸や

ゲップなどの症状が現れ難く、突然、吐血下血を起こしたり、自覚のないまま

が進行する事がある。
2017年12月28日 06:27 |コメント|

プロスタグランジンの生成を止めると

プロスタグランジンの生成を止めると、胃粘膜では防御機能が抑えられ、胃粘膜の修復

機能が弱くなり、が荒れたり胃痛が起こったりする。この様な痛み止めが原因の胃・

十二指腸
の潰瘍をNSAIDs潰瘍と言う。痛み止めを飲むからを荒らすのなら「

ならOKか」と言うと、それは違う。
2017年12月27日 07:09 |コメント|

痛み止めと血液をサラサラにする薬の副作用が原因

コールタール状の便は、から出血した為に出来た黒色便痛み止めと血液をサラサラ

にする薬の副作用が原因。痛み止めの多くは非ステロイド系の消炎鎮痛剤と言われる薬

で、痛みの原因物質であるプロスタグランジンを生成する酵素をブロックして痛みを減

らしている。
2017年12月26日 06:00 |コメント|

頭痛・腰痛持ちの患者さん

天気が下り坂に成るたびに、頭痛が出て来たり、腰痛が酷くなったりして、鎮痛剤を飲

んでいる人もいる。頭痛・腰痛鎮痛剤が手放せない患者さんが「病院で動脈硬化を指

摘され、血液をサラサラにする薬を飲んでいたらコールタール状の便が出る様になっ

た」と、言う人がいた。
2017年12月25日 07:31 |コメント|

安易に痛み止めを飲むのは考えた方がよい

中高年になると、季節の変わり目に体のあちこちが痛む。痛み出すと、ついつい鎮痛剤

に手が伸びてしまうが、への悪影響が心配される。痛み止めは、胃粘膜の防御機能を

低下させ、胃壁から出血させるモノもあるから、安易に痛み止めを飲むのは考えた方が

よい。
2017年12月24日 07:29 |コメント|

安易に心療内科の門をくぐってはいけない

毎日、気分が落ち込んだり、イライラする様だったり、やる気が起きない時は、食卓か

精製食品・加工食品・スィーツ類を排除し、野菜や果物を中心にした食事に改めない

といけない。食べ物も見直さず、安易に心療内科の門をくぐってはいけない。
2017年12月23日 08:09 |コメント|

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院モバイルサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!