万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

27年の自信整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

0000094665.jpg

HOME ≫ つぶやき

自分の健康は自分で守る!

血液の異常による各臓器の合併症で死亡する

基本的に、糖尿病で死ぬ事はなく、血液の異常による各臓器の合併症で死亡する。医

師・薬剤師・管理栄養士は『し・め・じ』と言う言葉で、糖尿病合併症の進行状態を

説明する。『し』は神経障害で、足の痛み痺れがその典型。『め』とは合併症

事で、『し』の神経障害がさらに進んだ状態で網膜症になる。
2018年04月25日 06:34 |コメント|

血液が止まるのと同時に神経も麻痺

詰まった血管が、足の末梢神経だったりすると、重症の場合、血液が止まるのと同時に

神経も麻痺してしまう。すると、足を怪我しても、全く気付かず、傷口から黴菌が入っ

ても何も感じなくなる。高血糖状態になると、免疫力が低下しているので、黴菌が繁殖

するだけではなく、血液が止まっているので、足が壊死(壊疽)して切断しなければな

らなくなる事もある。
2018年04月24日 06:22 |コメント|

脳梗塞・心筋梗塞・動脈瘤破裂となり、突然死する

また、砂糖の塊が筒(血管)を傷つける。こうして、血管が傷ついて行くと、これが

になる。出来た場所によって、脳梗塞・心筋梗塞・動脈瘤破裂となり、突然死す

る。根本的な原因は、赤血球の変形能が失われる事によって、血管が詰まる事なのだ

が、さらに、その大元はイットリウム90で膵臓が破壊される事にある。
2018年04月23日 06:44 |コメント|

こびりついて詰ってしまう

血液がドロドロ状態になると、血流が悪くなる。心臓は体の隅々まで血液を送ろうと、

ポンプ力をアップさせる為に、血圧が高くなる。心臓を水鉄砲に例えると、血糖で溢れ

ドロドロ血は砂糖水の様なモノで、砂糖水で水鉄砲遊びをしていると、その内に、水

鉄砲の筒(血管に相当)に砂糖の塊がこびりついて詰ってしまう。
2018年04月22日 06:26 |コメント|

筋肉が段々減って痩せてくる

インスリンが十分に分泌されなければ、エネルギー源となるブドウ糖が、スムーズに

に取り込まれなくなり、血糖が血中に溢れてドロドロ血状態になる。また、筋肉にエ

ネルギーが取り込まれないから、ダルさを覚えるようになり、さらに、消耗感が続くと

筋肉が段々減って痩せてくる。
2018年04月21日 06:08 |コメント|

分泌のタイミングがズレる

膵臓に集まったイットリウム90の攻撃に晒され、ランゲルハンス島β細胞が破壊さ

れて、インスリンの分泌が少なくなるか、分泌のタイミングがズレる。仮に、分泌され

ていても、分泌のタイミングがズレると、各組織でのインスリンの作用が低下(インス

リン抵抗性
)してしまい糖尿病になる。
2018年04月20日 06:31 |コメント|

血液検査を受けるべき

足先がつる』『手足が痺れる』『めまいが酷い』『異常にが乾く』『トイレが近

い』『寝ても寝ても体がだるい』『最近、ずいぶん痩せた』・・・こんな変化に気付い

たら、『疲れているから一晩ぐっすり眠れば治るだろう』と思わず、血液検査を受ける

べき。
2018年04月19日 06:30 |コメント|

1986年のチェルノブイリ事故後

1986年のチェルノブイリ事故後、ベラルーシ全域では、スターングラス博士の分析

通り、Ⅰ型糖尿病が著しく増加し、特に高汚染地域での増加は劇的だったと、報告され

ている。深刻なのは、生活習慣病であるⅡ型糖尿病ではなく、インスリン注射なくして

生きられないⅠ型糖尿病が激増した事だ。
2018年04月18日 06:03 |コメント|

Ⅰ型糖尿病が劇的に増えた

膵臓に集中したイットリウム90が、毎日、膵臓ランゲルハンス島を攻撃し、β細胞

が破壊されると、インスリンが出なくなりⅠ型糖尿病になる。Ⅰ型はⅡ型と違って、一

インスリン注射を打ち続けなければ、生きられない恐ろし病気で、チェルノブイリ事

故後、6年経ってからベラルーシでは、Ⅰ型糖尿病が劇的に増えた。
2018年04月17日 06:18 |コメント|

膵臓に蓄積し続ける

ストロンチウム90による内部被曝が起きてからの50年間、放射能に全く汚染されて

いない肉や野菜を食べ続けられる人はいないので、微量ながらストロンチウム90が

に蓄積し続ける。それが、ベータ崩壊してイットリウム90になり、膵臓に蓄積し続け

る事になる。
2018年04月16日 06:14 |コメント|

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院モバイルサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!