万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

27年の自信整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

0000094665.jpg

HOME ≫ つぶやき

自分の健康は自分で守る!

後悔先たたず

誰でも歳を取れば猫背になるが、ヘビ背猫背とは違って誰でも、と言う訳ではない。ヘビ背

は圧倒的に女性に多く、男性はあまり居ない。女性に多く男性に少ない理由は、骨盤の違いに

ある。女性の骨盤は男性に比べて脆弱なので、日々の姿勢に気をつけなければいけない。姿

ばかりではなく、スポーツにも気を配らないと後で後悔する事になる。
2016年03月01日 06:50 |コメント|

ヘビ背

肩が下がる原因は骨盤のズレで、肩に骨盤の悪影響が出る様では、ズレは相当酷い。骨盤の

ズレ
は誰にでも起こる事だが、問題はその程度。脚長差が5~6ミリぐらいなら、生理的範囲

考えてもらてもいいが、10ミリ以上となると、そんな呑気な事も言ってられない。脚長差が酷く

なると、ヘビ背になり美容と健康に重大な悪影響が出る人もいる。
2016年02月28日 06:52 |コメント|

ズレがキツい

フリーアナウンサーの小林麻耶さんは左肩が酷く下がっているが、右肩が下がっている人の方

が圧倒的に多い。右肩が下がっている人は、骨盤がズレて左脚が極端に短くなっている。骨盤

のズレ
が肩の下がりとなって現れるのは、ズレが相当キツい状態である事を物語っている。

長差
が約5~6ミリぐらいだと、肩の下がりとなって現れる事はあまりない。
2016年02月26日 08:09 |コメント|

容姿台無し

22日、朝日放送の ”しくじり先生” を見た。先生はフリーアナウンサーの小林麻耶さんだっ

た。彼女で一番気になったのが、左肩が下がって姿勢が悪い事だ。仕事柄、ついつい姿勢に目

が行ってしまう。彼女の場合、骨盤がズレているので左右の肩が揃わなくなっている。骨盤

右側がせり上がり右脚が短くなっている。お顔は綺麗なのだが、姿勢が悪いとせっかくの容姿

も台無しだ。
2016年02月23日 06:35 |コメント|

アベコベ

変形性膝関節症で膝に水が溜まるかどうかは、筋肉の縮み状態に掛かっている。縮みが強け

れば強い程、膝関節を支える力が落ちるので、軟骨の磨り減りが酷くなる。水が溜まると「水が

溜まっているから痛いんです」と言われて注射器で水を抜かれるが、この説明はアベコベで「痛

いから水が溜まるんです」と言うのが正しい。
2016年02月21日 20:33 |コメント|

対症療法

「階段を下りる時、膝の内側に痛みが走るのです」と整形に行って訴えると、レントゲンを撮られ

て「骨は磨り減っていなくて、正常です」と言われる。治療は痛み止めの注射を打たれる事が多

い。注射による化学的療法で、筋肉の縮みを解消する事は出来ない。薬物の作用で痛みを減

らす事は出来ても、原因を無視した対症療法なので、治療を受けながら悪化して行く患者さん

が増える。
2016年02月19日 06:47 |コメント|

軟骨の磨り減り

坐骨神経の圧迫で、大腿内転筋群が縮む事で膝痛が起こる。筋肉の縮みが強くなれば成る程

痛みは強くなる。縮みの強さに反比例して、膝関節を支える力が弱まる。支える力が弱くなった

分、膝関節に掛かる体重の負荷が増える為に、膝関節の軟骨が磨り減る。磨り減った所を修

復する為に関節内の水が増える事になる。
2016年02月17日 06:43 |コメント|

道理無視

階段を下りる時に、膝の内側に痛みが走ると整形に行く。レントゲンを撮っても、この時点

では骨の磨り減りは起きていない。医者から「骨は正常です」と言われ、痛み止めの注射を打

たれる。痛みの原因は背骨のズレから発生する、坐骨神経圧迫に伴う大腿内転筋群の縮み

だ。筋肉の縮みと言う物理的障害を、注射による化学的療法で治そうとする。全く道理を無視

している。
2016年02月15日 08:03 |コメント|

膝の内側が痛い

若い頃は背筋力は強いが、50過ぎ辺りから背筋力がガクンと落ち始め、伸び伸び靭帯のボロ

隠しが効かなくなる。背骨のズレ神経圧迫を強くし、坐骨神経に支配された脚の筋肉群の縮

みに繋がる。大腿の内転筋群が縮むと、膝の内側が痛くなる。最初に気付くのは階段を下りる

時で、「階段を下りる時に、膝の内側に痛みが走る」と訴える人が多い。
2016年02月11日 20:17 |コメント|

死ぬまで

間違った産後管理背骨靭帯が伸び伸びになっても、出産年齢の20代、30代は背筋力

強いので、背骨のズレも大した事がなく挫骨神経痛変形性膝関節症に成る人は少ない。し

かし、最近の若いお母さんの背筋力は弱く、若くして坐骨神経痛膝痛を訴える患者さんが増

えて来た。ホルモンで伸ばされた靭帯が元に戻る事はなく、死ぬまでこのトラブルと付き合わな

ければならない。
2016年02月10日 08:07 |コメント|

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院モバイルサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!