神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

32年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

0000094666.jpg

HOME ≫ 治療情報 ≫

アドルフ・ヒトラーの名言「小さな嘘はバレるが、大きな嘘はバレない」


※通貨発行権を握る金融悪魔が世界のメディア・医学・政治・経済・宗教・教育を闇支配し全ては詐欺

西洋医学と石油業界を支配するのはRF金融悪魔で有毒な石油から薬を創りWHO国連を配下に置く。

RFとRCの2大金融悪魔の数百年に渡る長期計画が疫病戦争による人口9割削減陰謀論ではない。

詐欺メディアが人工疫病を煽った注射詐欺と戦争で詐欺経済を破綻させる手口は金融悪魔の常套手段

●大リーガー松坂・ダルビッシュ・田中・大谷投手の肘手術原因はアイシング詐欺。選手生命早く終る。

●アイシング詐欺がなかった金田400勝投手や村山大投手の時代に、肘手術を受けた者はいなかった。

捻挫・打撲・肉離れが治らないのは西洋医学が詐欺だから。長引くと儲かるからで冷却・固定は詐欺。

●怪我➡骨盤背骨療法筋肉縮み予防テープ加熱でなく保温➡最短翌日試合復帰可能。日数超過不可。

●腰痛の患者様に「背筋を鍛えなさい」の指導は間違いではないが「腹筋を鍛えなさい」の指導は詐欺。

●市中温水プールは水温が低過ぎで不可。『腰痛や膝関節痛のリハビリに水中歩行を・』の指導は詐欺。


骨盤背骨のズレによる坐骨神経痛・膝関節痛は物理の病気なので化学の病気適応の薬では治らず詐欺

●骨盤背骨のズレによる頚肩腕症候群・背中痛は物理の病気なので化学の病気適応の薬では治らず詐欺

●骨盤背骨のズレによるぎっくり腰・股関節痛は物理の病気なので化学の病気適応の薬では治らず詐欺。

骨盤背骨のズレによる神経圧迫で起こる腰痛・肩こりはあらゆる内臓疾患の出発点になるので要注意。

変形性膝関節症は骨盤背骨で治すのが正しい。患部の痛み止め注射や、注射による水抜き療法は詐欺。

●医学情報にある側彎症のコルセット療法は詐欺。『苦しかっただけ』との声しか、聞いたことがない。

●医学情報にある椎間板ヘルニアの牽引療法は詐欺。牽引は強弱が難しいため事故が発生しやすい療法。

●医学情報にあるむち打ちの牽引療法・湿布・頚椎カラー療法は詐欺。正しくは骨盤背骨で治す、怪我。

●長時間のスマホがスマホ頚椎症頸椎椎間板ヘルニアの原因になる。使用中止か大幅な使用制限必要。

●スマホ頚椎症から続発する
自律神経失調症うつ病も物理の病気なので化学の薬では治らず悪化する。

●老化で背筋力が弱くなると、背骨への負荷が増えて背骨の変形が進み脊柱管狭窄症になりやすくなる。

●老化現象の脊柱管狭窄症を手術しても完治しない。術後良好でも数年すれば、また再発する事になる。


腱鞘炎の湿布・テーピングは誤まり。骨盤背骨で治すのが正しいが腱や靭帯の石灰化が進むと手遅れ。

ぎっくり腰の患者様を牽引すると動けなくなる事故が発生することがあるので、牽引は誤まりで禁忌。

●ぎっくり腰の患者様をローラーベッドに乗せるとさらに悪化する事があるので、これも誤まりで禁忌。

●非事故の腰痛や首痛の若い患者様をX線検査しても骨に異常がないからムダな上に、被曝は体に有害。

腰椎4番5番の椎間孔が狭い腰痛患者様を牽引しても、病状の説明通り椎間孔は広がらないからムダ。

頸椎5番6番の椎間孔が狭く手が痺れる患者様を牽引しても、説明通り椎間孔は広がらないからムダ。

●『ウォーキングは健康の基本』とは言えない。運動強化するべき筋肉は年齢が上がるに連れて代わる。

●安物のイヤリングやネックレスで、
肩こり・偏頭痛になる人や、磁気ネックレスで悪化する人もいる。

生理痛ホルモンの病気だと思っている患者様が多いが、ホルモンの病気と言うより骨盤背骨の病気。

●酷い腰痛や生理痛の患者様は骨盤背骨に問題があるので、逆子になりやすく難産になる可能性がある。

●明治時代の姑が授乳に歩き回る出産婦や、家事労働をする産後管理期間中の女性を見たら腰を抜かす。

●昔の姑は産後管理期間中動くと産後の肥立ちが悪くなる事を知っていたから、動くのをキツく叱った。


●産後管理とはホルモンで伸びた靭帯が締まって元に戻る間、手足を動かさず安静にして寝ていること。 

●産後管理期間中手足を動かすとホルモンで伸びた靭帯が生涯伸びたまま元に戻らず不安定腰椎になる。

●産後管理期間中手足を動かすと伸びた靭帯による不安定腰椎のせいで産後以降は偽性スベリ症になる。

●産後管理期間中手足を動かすと伸びた靭帯による不安定腰椎のせいで、更年期前に骨神経痛になる。

●産後管理期間中手足を動かすと伸びた靭帯による不安定腰椎のせいで更年期に変形性膝関節症になる。

●産後管理期間中手足を動かすと伸びた靭帯による不安定腰椎のせいで更年期後に脊柱管狭窄症になる。

●新式を尊び旧式を蔑む傾向があるが人体は千年や2千年では変わらない。医学は新旧より正誤が問題。

骨盤背骨中心のカイロプラクティックと経絡経穴中心の按摩マッサージとは、同じ手技療法でも別物。

●骨盤のズレを重視するカイロプラクティックが問題にする脚長差は、2~3ミリ以内なら生理的範囲。

●カイロプラクティックと称して骨をボキボキ鳴らすのは誤まり。特に頸椎でのボキボキは非常に危険。

●骨のボキボキ音はズレた骨が元に戻る時に出る音ではなく、靭帯が急激に伸ばされた時に出る捻挫音

●いつも指をボキボキ鳴らして指を捻挫させていると、その内に首が悪くなり全身の体調不良に繋がる。

股関節痛・足底痛・五十肩・ゴルフ肘・野球肩・野球肘・テニス肘は骨盤背骨がズレている人が罹る。

●骨盤背骨がズレた猫背の人に五十肩・ゴルフ肘・野球肩・野球肘・テニス肘など上肢障害が出やすい。


●骨盤背骨がズレた猫背のピアニストやバイオリニストやその他の楽器演奏者は、腱鞘炎になりやすい。

●腱鞘炎になった演奏者が的外れな治療を続けていると、腱や靭帯の石灰化が進み演奏生命が終了する。

尻もち
・足組・横座り・頬杖は骨盤背骨のズレの原因になるので要注意。

●骨盤背骨のズレ
ている人が右ききであれば8~9割ぐらいは左脚が短くなっている。

●骨盤背骨のズレている人が寝過ぎると腰痛になりやすい。

●骨盤背骨のズレている女性が下半身を冷やすと腎臓・膀胱の病気になりやすい。

●骨盤背骨のズレている女性は便秘になりやすく男性は下痢になりやすい。

●骨盤背骨のズレている女性は卵巣・子宮の病気になりやすい。

●いつも窮屈なGパンをはいていると腰痛や生理痛になりやすい。

ミニスカートをはいて脚を冷やすと腰痛や生理痛になりやすい。

●いつもハイヒールを履いていると腰痛や生理痛になりやすい。

●いつもハイヒールを履いていると外反母趾が酷くなりやすい。

●靴の踵の外側が減っている人は
O脚になり下半身肥りになりやすい。

顔がむくむ人は免疫力強化器具を使ってリンパ液の流れを改善すれば小顔になれる。

足がむくむ人はフクラハギが縮んでいるので免疫力強化器具を使えばスリムになれる。

●胡坐は腰に悪く正座は膝に悪い。正しくは座禅用座布団を尻に敷き座禅のポーズで座る。

骨粗鬆症の原因のカルシウム不足は詐欺で、砂糖の過剰摂取で血液が酸性化して骨が溶ける事による。

●清涼飲料水やお菓子の砂糖過剰が血液を酸性化し、骨粗鬆症糖尿病ガン等々と万病の原因になる。

●健康体でもガン細胞ゼロはなく、発見できる大きさになるとガンと診断されるが、大小は免疫力次第。


血圧は酸性ドロドロ血上がりアルカリ性サラサラ血で下がる。心臓病血管障害を減らす絶対条件。

●生活習慣が大きく関わる酸性ドロドロ血が万病の元。体質改善とは酸性血をアルカリ性血に変える事。

●体質改善にはミネラルが必要。ミネラル補給源は天然塩で、万病の元の低体温症は有害精製塩が原因。

●低体温症の人は基礎代謝が低い為に肥満症になりやすい。カロリー制限をしても痩せない原因がコレ。


●原発事故による放射線量が高い地域でフクラハギを揉むと、エコノミー症候群で命を落とす事もある。

●冬流行する風邪・インフルエンザは、体が冷えて免疫力が落ちる為にかかる、一番分かりやすい病気。

インフルエンザ脳症は偽病名で本当の病名はライ症候群。原因は解熱剤による薬害によって起る病気。

●『インフルエンザワクチン接種者が発病し感染源になる』と米国の大学の研究成果が報告されている。


●石油有毒製品の薬で病気は治らず症状を抑えているだけ。病気が治るか治らないかは免疫力で決まる。

●石油有毒製品の
薬に付きものの副作用は毒作用。漢方薬に副作用がないのは、原料が草根木皮だから。

 

●石油有毒製品の薬は高価だが、神様から与えられた免疫力はタダ。免疫力を強化する事が治療の全て。

●薬物療法には誤診と毒作用とお金は付きモノだが、万病に効く免疫力強化誤診も毒作用もなくタダ

に穴が開く事もある鎮痛剤を服用しているとに穴が開き、リーキーガット症候群になる可能性大。

食物アレルギーは未消化のタンパク質などのアレルゲンが、穴の開いた腸から血中に入り込み起きる。

●腸に穴が開いて腸内のカビ菌が血流に乗り、体中がカビ菌だらけになるとガン・ボケ・難病に繋がる。


●数百種類以上もある食品添加物の中には石油有毒製品のもあり、腸に穴が開くモノもあるから要注意。

口臭・口内炎・口腔がんの原因は石油有毒製品歯磨き粉。口内菌バランス破壊後のカビ菌繁殖が原因。

 

●排気ガスで鼻や喉の粘膜に穴が開き、花粉や猫の毛が血中に入って花粉症ペットアレルギーになる。

●昭和20~30年頃はガンが珍しかった時代。今や2人に1人がガンになる時代で薬との関連性高い。

●薬が買えない極貧国では、アレルギーの人も自己免疫疾患の人もガンの人も認知症の人も見られない。

●国民病になっているⅡ型糖尿病の治し方は、Ⅱ型糖尿病がなかった戦後の食糧難時代が教えてくれる。

●原発による内部被曝のせいでⅠ型糖尿病・膵臓がんが、原発がなかった戦前の約10数倍に激増した。


●貧しくて石油有毒製品のシャンプーが買えないブータンでは若ハゲ人を見かける事がほとんどない。

●石油有毒製品のシャンプー・リンスがハゲの原因になるので、若ハゲが嫌ならお湯だけ洗髪にする事

●女性が石油有毒製品のシャンプーでハゲないのは、生物学上メスは毒に強くオスは毒に弱い理由から。


●お湯だけ洗髪の後、免疫力強化器具でリンパ液の流れを良くすれば、抜け毛が減り薄毛がマシになる。

●経穴の知識が無くても免疫力強化器具を使えば、素人でもプロのリンパマッサージ以上の効果が出る。

●石油有毒製品の薬用ソープは皮膚上にいる常在菌の菌バランスを破壊し、体臭かゆみの原因になる。


加齢臭足の臭いが悩みの人は石油有毒製品の薬用ソープで洗えば洗うほど、余計に臭くなり逆効果。

わきが人は石油有毒製品の薬用ソープで洗うと、体臭が余計に酷くなるのでお湯だけで体を洗う事

●石鹼など使わずお湯だけで体を洗った後、免疫力強化器具リンパ液の流れを良くすれば体臭が減る。

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!