万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

28年の自信。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ プロバイオティクスや微生物の分泌物を用いて症状を抑える ≫

プロバイオティクスや微生物の分泌物を用いて症状を抑える

子マウスでも移植を行った処、より社交的になった。同様の結果は被験者に対する実験

でも得られた。遺伝子の働きの変化は、自閉症患者の微生物がタウリン5-アミノレブ

リン酸
という重要物質2つの分子を著しく少なく生産するという事実と関連している。

この違いを見いだしたチームは、遺伝的に自閉症を発症する傾向があるマウスの体内で

これら2つの物質の欠乏が補充されるとどうなるかを検証。タウリン5-アミノレブリ

ン酸
を加えると、症状が大きく緩和した。サルキス・マズマニャン氏は『勿論、人の

閉症
ははるかに複雑であるが、将来的にはプロバイオティクスや微生物の分泌物を用い

て症状を抑える事が出来るかもしれません」と述べた。
2019年06月11日 06:21

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!