神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

31年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ 火傷の漢方療法について ≫

火傷の漢方療法について


【自然療法=安心安全安価免疫力強化療法】 火傷の漢方療法について。火傷の程度如何

によっては、別に薬を飲まなくても、手当だけで治るが、第2度以上の火傷では薬の服

用が必要になる場合が多い。①軽い火傷でも発熱があったり、ノボセがあったり、頭痛

や嘔吐などがある場合には桂枝救逆湯を用いる。全身性の熱傷の初期には最適である。

②軽度の火傷で、気分がイライラしたり、軽い発熱がある場合には三黄瀉心湯がよい。

③熱傷で、動機や不眠や興奮などで胸が苦しく、狂乱状態やケイレンなどを発している

様な場合には柴胡加竜骨牡蛎湯がよい。④全身的な火傷で疲労が甚だしく、体液欠乏の

著しい者には四逆湯加人参がよい。また口が著しく乾く時には白虎湯人参を加えたも

のを与えるのが一層効果がある。
2022年06月16日 08:26

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!