神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

32年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ スマホは強度近視に繋がるについて ≫

スマホは強度近視に繋がるについて

 豪州のブライアン・ホールデン視聴覚研究所が概算した、次のような衝撃的な数字があることも知って頂きたい。2050年を迎える頃、人類は地球人口の半数にも相当する約50億人が「近視」となり、そのうちの5人に1人(約10億人)は「失明リスク」にさらされるだろう――。これがデジタル三昧世代の未来像だと警鐘を鳴らしている。
 推計上では、2000年時点で世界の近視人口は約14億人(地球人口比で22.9%)、そのうち1億6000人が失明の要因のひとつとされる『強度近視』だったと言う。50年間で22.9%から49.8%の急増は、やはり無視できないデジタル文明の悪影響だろう。高橋医師も、以下のように助言する。「今回の話は、本当の失明につながるものではないが、自身が実際に体験したらきっと驚かれるでしょう。この暗順応に限らず、スマホやタブレットを暗い部屋で長時間使用すると、近視の進行や眼精疲労につながる。できるだけ明るい場所で姿勢よく、休憩を入れながら使用することを勧めます」ここまでを無意識の片目状態で読んだアナタは、一枚目のイエローカード。この習慣を改めないと一過性失明に見舞われるかもしれない。
 オタクの一言。スマホが目に悪いのは、その通り。最近、スマホのせいでスマホ斜視が増えている。近くのドンキホーテに行った時、数人で喋っている女子中学生の中に、すごい斜視の子がいた。その子に一言「スマホ止めた方いいよ」と言ってあげたかったが、言えなかった。「今なら治し様もあるから、相談しなさい」とも言いたかったが、勿論言えなかった。斜視になってから、どれくらい経つのか分からないが、時間が経てば経つほど治らなくなるから、一刻も早く治さないとダメです。
2022年11月20日 08:04

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!