神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

32年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ 輸血すればするほど出血するについて ≫

輸血すればするほど出血するについて

 出血したから輸血する。すると、さらに出血する。この出血の加速は、どうして起こるのか?輸血すると出血が加速される。
その理由は――
●GVHD➡免疫系の混乱で、血液の凝固機能が阻害される。
●抗凝固剤➡輸血するには注射針を通すしかない。しかし、新鮮血はすぐ凝固して針を詰まらせる。それを防ぐため薬剤『抗凝固剤』を配合している。輸血した血が止まりにくいのも当然だ。
●放射線照射➡輸血によるウィルス感染などを防ぐため最大50グレイという強烈放射線を照射して滅菌している。そのため血球細胞は死に弱体化してしまう。そのうえ放射性を帯びた血液を入れている事になる。
 『手術後の予後不良で死亡』と、よく聞く。遺族はタダタダ泣いて諦めるしかない。それは輸血性拒絶反応(GVHD)によって、亡くなった可能性が高い。つまり医療過誤死。しかし、医者は自らの失敗を認め様とはしない。
2023年05月20日 06:46

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!