神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

31年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ オタクの一言 ≫

自分の命は自分で守るしかない

身近な食品の健康効果で5大国民病に有効な食べ物について

 身近な食品でコワーイあの病気が予防できるとあれば、試さない手はない。スーパーやコンビニ、花屋さんなどでたやすく手に入る、5つの食べ物・飲み物をピックアップ。
■「アロエ」が糖尿病患者の血糖値を下げる
 便秘や二日酔いにも効果ありと言われるアロエベラ。食用アロエベラを食べると、空腹時血糖値とヘモグロビンA1cが下がると米国のメディカル・センターが報告。糖尿病にかかっている人、またはかかったことのある人のデータを用いて分析したため、予防だけでなく糖尿病治療中にも有効かも。ただし、砂糖が入ったシロップ漬けのアロエベラはNG。生を入手して食べよう。
■「温州みかん」を食べると糖尿病になりにくい
 1日に3~4個の温州みかんを食べる人は、あまり食べない人に比べて糖尿病のリスクが57%減ったと浜松医科大学のチームが発表。脂質代謝異常の発症リスクも34%軽減されたそう。温州みかんに含まれる色素成分に脂肪細胞の機能を正常化する働きがあり、リスク低下につながるのではないかと考えられている。
■「大麦」を食べれば心血管病、糖尿病予防に
 1日3食、85gの大麦を食べれば、たった3日で血糖値やインスリンの値が改善されるとスウェーデンのルンド大学が報告。大麦に含まれる特有の食物繊維が腸内の善玉菌を増やし、食欲や代謝に関わる重要なホルモンを分泌するとしている。大麦(押し麦)入りのごはんや大麦粉入りのパンで食べれば摂取しやすい。
■1日に1~2杯の「コーヒー」で大腸がんを予防
 ポリフェノール効果でコーヒーブームが来ているが、さらに1日たった1~2杯でも大腸がんの発症リスクが26%低下すると、米国南カリフォルニア大学が報告。1日に2.5杯以上のコーヒーを摂取すると発症リスクはさらに低下し、50%になるという。ポリフェノールだけでなく、結腸の運動を促進する物質も含まれるとか。
■「ブロッコリー」で認知症リスクとされるうつ病を予防
 ブロッコリーに多く含まれる『スルフォラファン』という物質がうつ病を予防、再発リスクを低くすることが千葉大学と東北大学の研究で明らかに。うつ病にかかった人は認知症のリスクも高い傾向が。ブロッコリーのなかでも、特にスプラウト(新芽)には高濃度のスルフォラファンが含まれている。
 オタクの一言。仰る通りだと思いますが、食に関してこんな話がある。明治時代、ドイツの栄養学者ベルツが東京に住んでいた。彼は日光が好きで、馬車を乗り継ぎ日光に通っていた。ある日、日光に行こうと思ったが、馬車の手配が付かず人力車で行く事にした。22歳の車夫の人力車で日光に向かったが、この車夫が一人で110キロのガタガタ道を14時間で走り切った。ベルツは驚き「一体、何を食べて、こんな力が出るんだい」と聞くと、「玄米の握り飯2個と沢庵です」と答えたそうだ。
 この話は特別な話ではなく、オタクの祖父も若かりし頃、車夫をしていて毎日50~60キロ走っていたと、母から聞いた事がある。現代人には考えられない話だが、祖父がごく普通の車夫だったとしたら、その2倍の距離を走る車夫がいても何の不思議もない。それくらい昔の日本人は凄かった。この凄さの源は、玄米と味噌と梅干と沢庵と天然塩に、たまに食べる鰯かアジぐらのものによる。
 明治維新から英国間接植民地になった日本が、清国・ロシア・米国と戦争をさせられ世界を驚嘆させたが、その力の源になったのが、これら質素な食べ物だった。戦後、米国の間接植民地になり、日本人弱体化政策が始まった。学校給食にパンと牛乳を導入させて日本人の弱体化を図り、さらに、世界一の食品添加物量&遺伝子組み換え有毒食品&脱ミネラル有害精製塩&脱ミネラル有害精製砂糖による不健康政策を推し進めた。その結果、少子高齢化や半病人激増となって、狙い通りの成果を挙げている。
 栄養学にしろ西洋医学にしろ、RックFェラー悪魔財団が支配している。別にこの2つの学問だけがYダヤ悪魔に支配されているのではなく、経済学も政治学も歴史学も、その他、学問と名の付くものは全てYダヤ悪魔の支配下。米国にある世界最高水準の大学群の所有者は全てYダヤ悪魔。Yダヤ悪魔支配下の教科書会社が作ったインチキ書籍類を丸暗記して入ったT京大学を出た暗記勝者が、米国にある世界最高水準の大学群に洗脳留学して帰国し、T京大学やK都大学の教授や高級官僚上位者となって日本を動かす。権威に弱い日本人は、お上の指図に無条件に従う。この権威者をYダヤ悪魔支配下の犬HK&民放&y売&A日新聞などの嘘メディアに登場させ、嘘情報をバラ撒く。そうとは知らない日本人が、それを信じて、とんでもない目に遭っても、権威者や嘘メディアを疑おうともしないから、平和ボケと揶揄され、Yダヤ悪魔支配下暗記教育の成果世界一になった。このまま平和ボケでいれば、その内にYダヤ悪魔が創った中共の日本自治区になり、ウィグル自治区と同じ完全奴隷になって、Yニクロ&Nトリの商品をタダ働きで作らされたり、元気な若者は金持ちの臓器移植供給源にされたりするのだろう。
 ちなみに、Yダヤ悪魔の人口9割削減計画の筆頭が日本人である事が、食品添加物大国&農薬使用大国&遺伝子組み換え有毒食品輸入大国&原発大国&放射線検査大国&抗がん剤使用大国と、死に繋がる事なら何処にも負けない事で分かる。日本人受難の大本2大Yダヤ悪魔の内、RスCHイルドの方は、ヒョットコ次郎元財務大臣の娘を嫁にしているくらいだから、それ程でもないのだろが、日本の全てを取り仕切るRックFェラーの方は日本人が大嫌いだから、絶滅筆頭に上がっても何の不思議もない。
2022年11月28日 06:44

身近な食品の健康効果におけるオメガ3について

■乳がんリスクが低下
 血中のオメガ3脂肪酸の濃度が高いと、肥満の閉経女性の乳がんのリスクが低下することが、米国ペンシルベニア州立大学の研究でわかった。閉経した女性は乳がんリスクが高くなることが知られている。使用したのはDHAとEPAが含まれるサプリメント。食品では、青魚に多く含まれ、脂がのったところを生で食べるのがオススメ。
■脳の老化を抑える
 DHAを含む食品を食べると、頭がよくなると言われていたが本当だった? DHAなどオメガ3脂肪酸が脳機能の低下を抑える、と独シャリテーベルリン医科大学が発表した。オメガ3脂肪酸を含むサプリメントを6か月間、毎日摂取したら記憶力が改善されたという。物覚えが悪くなってきたら、青魚やくるみなどを食べよう。
■大腸がんでの死亡リスクを予防
脂がのった魚からオメガ3を多くとった人は、大腸がんでの死亡リスクが低下した、と米国の研究機関が発表。DHAとEPAは以前の研究で腫瘍の増殖を抑えることがわかっていた。今回の研究では、大腸がんと診断されたあと、魚から毎日0.15gのオメガ3をとっていると、大腸がんによる死亡が70%も減ったという。
2022年11月27日 07:22

身近な食品の健康効果について

 青魚、アマニ油、エゴマ油、くるみなどに多く含まれる「オメガ3」と呼ばれる不飽和脂肪酸。DHA、EPA、αリノレン酸がその仲間だ。オメガ3は心臓、血管の病気予防になることが最近知られてきているが、さらに、がんや脳の機能にも役立つという報告が続々と発表されている。
 「認知症予防にはオメガ3を積極的にとりましょう」とアルツハイマー病とアンチエイジングのスペシャリスト、白澤卓二先生(白澤抗加齢医学研究所所長)。とはいえ、脂がのった青魚のお刺身を毎日、食べるのは難しい……。「オススメは卵。必須脂肪酸のDHAやαリノレン酸が含まれており、生はもちろん、ゆで卵でも栄養価が損なわれません」さらに効率的にとるために、同じく必須脂肪酸のEPAを加え、DHAとαリノレン酸を増やした最強の卵を、独自に開発したという。「エサにアマニ油などのオメガ3を加え、放し飼いにした鶏の卵です。“卵で認知症予防”は、これからのスタンダードになると思います」
2022年11月26日 07:25

認知症遺伝子検査が教える未来予想図について

 がんや生活習慣病のリスクがわかると今、話題の遺伝子検査。では認知症は? 国立長寿医療研究センターによれば、『アポE4多型遺伝子』という遺伝子を持つ家族に、認知症患者がいる傾向が高いそう。「アポE4多型遺伝子は検査で有無を調べることができます。私のクリニックでも行っていますがオススメはしません。この遺伝子があることがわかっても、治療法が何もないからです。しかも、この遺伝子を持つ人は心筋梗塞のリスクも高く、長く生きられない傾向にあります。それでも検査をして知りたいですか?」
 オタクの一言。仰る通りです。筋肉と脳は密接に繋がっていて、脳卒中で倒れた人の回復レベルは、リハビリを倒れた時から始める事と、リハビリの質で決まる事から良く分かる。素人さんは西洋薬が脳卒中を治すものだと誤解しているが、石油有毒製品の西洋薬は治すどころか、より悪くしている。病院で行っている手術・検査・投薬で、より悪くなり寝たきりか死に追いやられている。命に係わる脳卒中でも、一番大事なのが筋肉状態なのだから、認知症は言わんやおや。加えて、認知症の患者様は腸内細菌バランスが石油有毒製品の薬の飲み過ぎで破壊されていて、その結果カビ菌だらけになっている。この万病の元のカビ菌が、リーキーガット症候群によって血中に入り込む。これが脳内に入り込むと痴呆症はじめ、あらゆる脳の難病の原因になる。その証拠に、貧しくて石油有毒製品の薬が買えないアフリカやアジアの人に、痴呆症ガンアレルギーが見られない。西洋医学だけでなく石油業界も支配するRックFェラー悪魔財団が有毒な石油を原料にして、飲み続けると万病の元のカビ菌だらけになるモノを薬と称して飲ませている。このカビ菌に検査と称して放射線を照射すると、増殖能力が格段に上がりガンの原因になる。だから、風邪や腹イタなどの一寸した病気で、病院に行かなかった昭和20年代、30年代、ガンは珍しかったが、今や2人に1人がガンになる時代になった。
 以前、60代の女性患者様が「母がギックリ腰になって、連れて来たいと思っているのですが、忙しくて連れて来れません。同居している弟のお嫁さんが、近くの病院に連れて行き、痛み止めを飲ませて、寝たり起きたりの生活をしているので、凄く気になっているんです」と言うから、「そんな事をしていたら、その内にボケますよ」と言った事がある。久振りに、その患者様が来院されたので「お母様、どうされましたか?」と尋ねると、「先生の仰った通りボケてしまい、連れて来なかった事を凄く後悔しています」と言っていた。痛み止めを飲んでいるお年寄りは沢山いますが、ボケて困っている人が多い事を知るべきです。足腰首肩の痛みは、骨盤背骨のズレから起こる神経圧迫による筋肉の縮みが原因なので、石油有毒製品の鎮痛剤では治らず飲み続けていると、後で飛んでもない病気で苦しむ事になります。
2022年11月25日 06:27

認知症に繋がる方向音痴について

 地図が読めない女性は多いとよく聞くけれど、そもそも方向音痴とは「空間認識が得意でない。つまり、脳の、空間を認識する領域が機能していないということです」と白澤先生。そればかりか、アルツハイマー病のごく初期の兆候かも!?  と米ワシントン大学が発表している。「方向音痴はアルツハイマーの初期症状ではなく、むしろ進行している可能性があります。方向がわからなくなるのは、脳の中にある空間認識の領域が壊れている証拠なのです」今まで方向感覚に長けていたのに、急に方向音痴になったという人は要注意認知症の“超早期発見”は延命につながらない認知症の“超早期発見”の研究が国内で相次いでスタート。認知症の根治治療につなげるのが狙いだとか。「認知症の根治治療薬は20年以上研究しても現れません。今後は、薬に期待するより、予防に努めるべきです。40~50代に認知症を発見したら、その後、数十年間、脳機能低下に怯えながら暮らさなくてはならないのです。認知症は、がんと違い、超早期発見が延命につながるものではないというのが私の考えです」
2022年11月24日 08:21

認知症に近づく美白の夢中さについて

 ビタミンが大事なのは美容だけじゃない。血液中のビタミンDの濃度が低い場合、脳機能の低下リスクが高くなることがシンガポール国立大学と米デューク大学の共同研究で明らかに。「ビタミンDの濃度が低いと心臓、血管、神経の病気のリスクが高まるだけでなく、脳の機能低下につながることがわかりました」ビタミンDは、主に太陽光に当たることにより体内で作られる。「日本人は全般的に、ビタミンDの血中濃度が低め。特に美白に夢中な女性は低いです」紫外線も怖いけど、将来の認知症も怖い……というあなたは、サプリメントより日に当たることで効果的に防止して。
2022年11月23日 08:32

認知症は筋肉や運動量が少ないことが問題について

 ビンのふたが開けられないと将来、ヤバい? 国立長寿医療研究センターが認知症のリスク要因を分析したところ、握力が18kg未満の女性は、認知症のリスクがなんと2倍だった。「握力だけでなく、筋肉や運動量が少ないことが問題なのです。認知症を予防したかったら、握力だけを鍛えるのではなく、全身の運動習慣を身につけましょう。ウォーキングは、最強の脳トレです」運動する習慣があればBDNFのレベルが上がり、認知症のリスクも低下するというから、まさにいいことずくめ。「脳内のBDNF(脳由来神経栄養因子)と言われる物質が多いと、記憶力を高め、神経細胞を成長させることはこれまでにもわかっていました。この物質が、どのように運動と関わりがあるのかがニューヨーク大学の研究で明らかになったのです。筋トレは脳トレです。パズルや計算問題をするのもいいですが、まずは身体を動かしましょう」
2022年11月22日 06:27

認知症には『脳トレより筋トレ』について

 2025年には65歳以上の5人に1人、700万人が罹患するという認知症。このままでいくとピークとなる2040年には、900万人の患者と、その同数の予備軍が予測されているとか。「認知症は進行性の病気で、現在は症状の進行を遅らせることしかできません」と言うのは、認知症のスペシャリスト、白澤卓二先生。「正しい予防法を行えば、認知症は半分に減らせると私は見込んでいます。
 米国での研究によると、アルツハイマー病のリスク要因は運動不足、うつ病、喫煙、高血圧、肥満、糖尿病、教育年数が9年以下であると報告されています。これらのリスク要因を減らすことが最強の予防法なのです。運動をして、ストレスを減らして、食べすぎや甘いものを食べるのをやめて、タバコをやめて、減塩をして……、今からすぐにできることばかりです。しかも、ほとんどお金がかかりませんよね? 認知症予防は早すぎることはありません。何歳からでも始めましょう」
2022年11月21日 06:05

スマホは強度近視に繋がるについて

 豪州のブライアン・ホールデン視聴覚研究所が概算した、次のような衝撃的な数字があることも知って頂きたい。2050年を迎える頃、人類は地球人口の半数にも相当する約50億人が「近視」となり、そのうちの5人に1人(約10億人)は「失明リスク」にさらされるだろう――。これがデジタル三昧世代の未来像だと警鐘を鳴らしている。
 推計上では、2000年時点で世界の近視人口は約14億人(地球人口比で22.9%)、そのうち1億6000人が失明の要因のひとつとされる『強度近視』だったと言う。50年間で22.9%から49.8%の急増は、やはり無視できないデジタル文明の悪影響だろう。高橋医師も、以下のように助言する。「今回の話は、本当の失明につながるものではないが、自身が実際に体験したらきっと驚かれるでしょう。この暗順応に限らず、スマホやタブレットを暗い部屋で長時間使用すると、近視の進行や眼精疲労につながる。できるだけ明るい場所で姿勢よく、休憩を入れながら使用することを勧めます」ここまでを無意識の片目状態で読んだアナタは、一枚目のイエローカード。この習慣を改めないと一過性失明に見舞われるかもしれない。
 オタクの一言。スマホが目に悪いのは、その通り。最近、スマホのせいでスマホ斜視が増えている。近くのドンキホーテに行った時、数人で喋っている女子中学生の中に、すごい斜視の子がいた。その子に一言「スマホ止めた方いいよ」と言ってあげたかったが、言えなかった。「今なら治し様もあるから、相談しなさい」とも言いたかったが、勿論言えなかった。斜視になってから、どれくらい経つのか分からないが、時間が経てば経つほど治らなくなるから、一刻も早く治さないとダメです。
2022年11月20日 08:04

スマホで約10億人が失明するかも知れないについて

 このままでは2050年に世界の5人に1人(約10億人)が失明かも。東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授の高橋現一郎医師は次のように解説する。「これは『暗順応』という現象です。よく映画館や劇場などの暗い場所に入った時、一時的に視界が見えなくなったり、次第に見えてくる現象と同じです。人の眼には明るさに反応する細胞と、暗さに反応する細胞がそれぞれ有り、一過性スマホ失明は後者に関連したものです」
 ただし、この症状は「病気ではない」と高橋医師は指摘する。「この暗さに反応する細胞は『退色』と言い、一時的に反応しない状態になりますが、次第に回復して暗い場所でも見えるようになっていきます。この暗順応はあくまでも生理的なもので、病気ではありませんし、スマホを見続けた際に限った話というわけでもないです」なので「一過性(スマホ)失明」と命名されたのだろう。           
2022年11月19日 06:05

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!