万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

28年の自信。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ つぶやき ≫

自分の健康は自分で守る!

『心室細動』が起きていた

周りにいた誰もが、女生徒を救おうとしたが、結果的に学校側の対応はちぐはぐで、必

要な処置を続ける『救命の連鎖』は、肝心の初期の段階で途切れていた。駆けつけた教

諭が、痙攣を起こしている女生徒の姿を見ていたと言う。複数の救命救急医は「心臓が

細かく震えて血液を送り出すことができない『心室細動』が起きていたのではないか」

と指摘している。
2019年06月26日 06:00

確実に死に至る

セシウムが心筋に蓄積すると確実に死に至る。刺激伝導系が全てやられて不整脈で死ぬ。

心不全で死ぬ。突然、心室細動、TdP、パルスVTが起きて死ぬ。悲しい例として、さい

たま市の小学校で9月、千メートル走の練習中に6年生女児(当時11)が倒れて死亡

した。救急隊の確認時は心肺停止状態に陥っていたのに、同校が備え付けの自動体外式

除細動器(AED)
を使っていなかったそうだ。
2019年06月25日 06:00

大半の住民に循環器系障害の症状が出ていた

1986年4月26日のチェルノブイリ事故から7年・8年後、北ウクライナでは、大半の住

民に循環器系障害の症状が出ていた。循環器とは、血管、そして血液の循環する器官で

ある、心臓、脳に異変が現れ、心筋梗塞・脳梗塞・大動脈解離など血管の病気を引き起

こす事になる。とりわけ心筋梗塞が多かった。後に、ウクライナ政府系市民団体は、チ

ェルノブイリ事故による死者は200万人を超えると声明を出し、その多くが心筋梗塞

あった。
2019年06月24日 07:04

『買わない、食べない』を心掛ける

放射能汚染食品を毎日食べていたら、心不全を始めどんな病気になっても不思議はない。

内部被ばくを無視して汚染食品を毎日食べていると、ある日突然、あの世に行く事にな

る。汚染食品が当たり前のように流通しているので、『買わない、食べない』を心掛け

るしかなく、政府に食品安全基準を1ベクレル/kgに下げるよう、強く要求する必要があ

る。内部被ばくを回避しなければ、全てが無駄になる。
2019年06月23日 06:16

心不全が激増している

現在、心不全が激増しているのは、放射性セシウムの蓄積により心筋がダメージを受け、

やがて心臓が停止するセシウム心筋症が原因。バンダジェフスキー博士が大規模な臨床、

病理解剖、動物実験にて確認している。根本原因である内部被ばくを避けない限り、い

くら減塩、肥満回避、運動、禁煙、節酒、ストレス軽減などを行なっても、まず効果は

ない。信じられない事だが、現在の食品の安全基準は100ベクレル/kgであり、黄色い

ドラム缶に入れて厳重保管すべき放射性廃棄物の基準と同じだ。
2019年06月22日 07:03

急性内斜視が誰にでも起こりうる

スマホの使用頻度や画面と目との距離、それに一定期間、使用を控えた際の改善状態、

また、その治療方法などを報告してもらい、3年後に予防方法に向けた提言をまとめ、

斜視の効果的な治療方法を探る事にしている。浜松医科大学の佐藤美保教授は「特殊だ

った急性内斜視が誰にでも起こりうる病気になっている事を心配している。沢山の人が

スマホを使う中、どのような人が急性内斜視になりやすいのか、またどういった使用方

法が目に影響するのかを調べる必要がある」と、話している。
2019年06月21日 07:03

スマホの過剰使用が斜視の原因

去年1年間、後天的に瞳が内側に寄って戻らなくなる『急性内斜視』の若者を診察した

と回答した医師が全体の42%に上った。この内、『スマホが原因と思われる症例があっ

た』と指摘したのは77%で、学会ではスマホの過剰使用が斜視の原因になっている可能

性が高いとして、全国の患者を対象に長期的な調査を進め、因果関係を調査し、予防方

法に向けた提言を打ち出して行く事になった。
2019年06月20日 07:10

若者の斜視について

瞳が内側に寄って戻らなくなる若者の斜視について、『診察した医師の多くがスマホの

影響を指摘している』と、言う調査結果がまとまり、日本弱視斜視学会では全国の患者

を対象に長期的な調査を進め、因果関係を調べたり予防方法に向けた提言を打ち出した

りする事になった。日本弱視斜視学会は、去年12月から今年2月にかけて全国の眼科医

を対象にスマホと斜視の関係を調べるアンケート調査を行い、369人から回答があった。
2019年06月19日 07:13

人的に拡散された

数年前、マイケル・メイリング博士は、『ポリオワクチンの先駆者であるジョナス・ソ

ーク博士と一緒に、2百万人のアフリカ人に接種するポリオワクチンの中にHIVを入

れ、HIVを拡散させる事に加わった』と告白した。アフリカにおけるHIV/AID

の発生の初期の地域は、ポリオ予防接種キャンペーンの地域と正確に一致している。

また、『エボラ、SARS、鳥インフルエンザ等も、この人口削減の計画の一環として

人的に拡散された』と言われているそうだ。
2019年06月18日 07:00

黄斑変性症の増加を招いている

利用時間が増えている原因の一つは、16~24歳の若者のネット利用によるもので、こ

の年齢層の利用時間は週平均34.3時間だ。英国情報通信庁(Ofcom)がまとめた報告

書は、インターネット利用時間の急増はスマートフォンの普及が進んだ事にあると伝え

ている。英国のスマホ利用者の数は、米アップル(Apple)が初め『iPhone(アイフォ

ーン)』を発売した翌年の2008年には人口の17%だったの対し、現在は78%に上って

いる。この様な状況が、黄斑変性症の増加を招いている。
2019年06月17日 06:10

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!