万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

28年の自信。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ つぶやき ≫

自分の健康は自分で守る!

毒性は計り知れない

紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も、どんどん微粒子化され、肌の奥まで浸透している。ま

た、肌の露出が増えれば増えるほど日焼け止めを塗る範囲が広がるので、全身から経皮

吸収され体内に蓄積する。日焼け止めを食べたのと同じ様に吸収されてしまう。その毒

性は計り知れない。その他にも、夏の炎天下で使用することが多い事から、雑菌の繁殖

や、変質、日焼け止めを落とすために界面活性剤を大量に含んだ強力なクレンジングの

せいで肌がダメージを受ける。
2019年07月05日 06:53

日本人の食事摂取基準

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準(2010年版)』では、成人について1日のビタミ

ンD
の摂取目安量として、最低5.5マイクログラム、上限50マイクログラムを推奨して

いる。かつて、日本ではビタミンDが豊富な魚介類の摂取や積極的な日光浴により、

タミンD
は十分供給されていた。それが最近では、乳幼児・妊婦・若年女性・寝たきり

高齢者等を中心にビタミンD不足が指摘されている。
2019年07月04日 06:30

重要なビタミンD源となる

紫外線を防ぐオゾン層の破壊が問題になって、皮膚がんシミ予防の為の紫外線対策が

普及した事とも関連が深く、1980年代の女性と比較した結果、血中のビタミンD濃度は、

通年でかなり低下している事も分かった。紫外線による皮膚がん発症のリスクもあるが、

紫外線を浴びる事は重要なビタミンD源となるのも事実。ビタミンDは、10種類以上の

がん多発性硬化症骨粗鬆症、その他多くの重大な病気のリスク低減に関係している。
2019年07月03日 06:43

血中のビタミンD濃度が常に欠乏状態

大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査で『20代の女性が週3回以上日焼け止めを使っ

た場合、血中のビタミンD濃度が常に欠乏状態になった』と言う事が明らかになった。

ビタミンDは紫外線を浴びることによって体内でつくられ、骨の形成免疫機能にかか

わっている。不足すると、骨粗しょう症などの発症リスクが高くなる。厚生労働省によ

ると、骨や健康を保つビタミンDの血中濃度の基準は1ミリリットルあたり20ナノグラ

ム以上で、それを下回る場合は欠乏状態とされている。
2019年07月02日 06:56

発がん性を指摘

甲状腺ホルモンのバランスが乱れると、倦怠感疲労感、皮膚や髪のハリ・艶を失う、

冷え性便秘なども引き起こす可能性がある。紫外線吸収成分のパラアミノ安息香酸は

皮膚がんを引き起こす可能性がある。また、紫外線吸収剤より人体への影響が小さいと

いわれている紫外線散乱剤だが、その主成分である酸化チタンや酸化亜鉛も、WHO

(世界保健機関)
がその発がん性を指摘している。また、東京理科大学のマウス実験で

は、子どもの脳や精巣に粒子が入り込み、細胞死生殖機能低下を引き起こす事が分か

っている。
2019年07月01日 07:05

2011年のラットを使った実験

2011年のラットを使った実験では、妊娠中と授乳期での母親への暴露によって、母親と

生まれたオスの子どもで、甲状腺ホルモンレベルの減少が確認されている。オスの子ど

もの男性ホルモンの量が少なく、前立腺精巣サイズが小さくなり精子数の減少も確認

され、脳の発達への影響も指摘されている。また、この成分は皮膚から浸透し体内へ吸

収される事も分かっており、授乳中の母親を対象にしたスイスでの調査では、母乳の

78%から検出された。
2019年06月30日 07:53

肌トラブルの原因になる

「その事で皮膚の代謝が上手くいかず、肌トラブルの原因になる可能性があります。日

本で売られている日焼け止め、売れ筋10商品のうち9商品に使用されている紫外線吸収

成分『メトキシケイヒ酸エチルヘキシル』に、環境ホルモン作用がある事がわ分かって

います。この成分は、女性ホルモンだけでなく、男性ホルモン甲状腺ホルモンも攪乱

すると言われています」と、宇田川薬剤師は言っている。
2019年06月29日 07:02

日焼け止めの弊害について

『薬を使わない薬剤師』で有名な宇多川久美子さんに、日焼け止めの弊害について語っ

て頂いた。「ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、帰宅したらできるだけ早く洗

い流すことが大切と述べましたが、日焼け止めの効果が高く、落ちにくいと言う事は、

日焼け止め成分が肌に密着しているので、日焼け止めを塗っている肌は、皮膚呼吸が正

しく行われていません。また、途中で何度も塗り直せば、皮膚はさらに呼吸できない状

態が続きます」。
2019年06月28日 07:07

最悪の事態を迎えてしまった

心室細動が起きた場合、AEDによる電気ショックで正常な拍動を取り戻せる可能性が

あるが、その情報は生かされなかった。『自発呼吸と脈がある』との判断もあり、AE

は使われなかった。最も必要な胸骨圧迫も、倒れてから救急隊が到着するまでの9分

ほどの間、実行されなかった。女生徒からは、けいれん意識不明という兆候を通じて

『助けて』というサインが出ていた。それが見過ごされてしまい、最悪の事態を迎えて

しまった。
2019年06月27日 07:10

『心室細動』が起きていた

周りにいた誰もが、女生徒を救おうとしたが、結果的に学校側の対応はちぐはぐで、必

要な処置を続ける『救命の連鎖』は、肝心の初期の段階で途切れていた。駆けつけた教

諭が、痙攣を起こしている女生徒の姿を見ていたと言う。複数の救命救急医は「心臓が

細かく震えて血液を送り出すことができない『心室細動』が起きていたのではないか」

と指摘している。
2019年06月26日 06:00

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!