神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

30年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ 自然療法 ≫

一も 二もなく養生!養生!

気管切開

担当医から「肺に水が溜まって、呼吸困難の状態にある。

気管切開しないと危険だ。同意してくれますか」の申し出があった。

点滴でジャブジャブの状態にしておいて、呼吸困難になったから気管切開に同意しろか。

するしか選択肢はなく、『どうでもしろ』の心境で同意した。

気管切開後は、薬で意識を落とし、死んだも同然の状態。

あと、どれくらい心臓がもつのか?

胸には、電気ショックスタンプ跡が痛々しく残り
あと、いくらも頑張れそうにない状態にまで、追い込まれてしまった。
2013年05月15日 22:36

遺言

父に会いに行くと、珍しく目を覚ましていた。

いつも、暴れないように薬で眠らせているのだが、薬が切れて目が覚めたのだ。

父が何か言いたげな表情で、私を見つめている。喋れないのだ。

手で何か書く真似をしてるようなので、ボールペンと手帳を渡した。

字にならない字で、やっと書いている。

『かあさんたのむ。きょうだいなかよく』 遺言なのだ。

目じりから一筋の涙を流しながら。
2013年05月14日 22:16

覚悟を決めた

ICUには、父の他、あと二人の患者さんがいた。

一人は、70過ぎのおじーちゃんで、もう一人は、川崎病から心筋梗塞になった、男のお子さんだった。

お二人が、どの程度で、ここに連れて来られたのかは知らないが
あまり良い状態でない事は確かだった。

最初に、おじーちゃんが亡くなり、次いでお子さんも亡くなった。

そして、二人とも、病理解剖された。

お子さんのお母さんは「お受けする事にしました」と言っていた。

次は、『うちの番だな』と覚悟を決めた。
2013年05月13日 23:27

後の祭り

ある日、病室に行くと、両手、両足がベッドに縛られていた。

担当医が「暴れるので」との説明。

胸には、電気ショックでできたスタンプの跡が何箇所も。痛々しい。

強心剤興奮剤。これを使えば、暴れて当然。

父が「殺される」と言うのも道理。これじゃ~拷問だ。

『とんでもない所に入れてしまったもんだ』といくら悔いても、後の祭り。
2013年05月12日 23:18

日に日に悪化

DOA状態で入院したのではないので、元気に退院できるものと思い込んでいたが、甘かった。

安定していたのは、しばらくで、日に日に悪化して行った。

入院してから日も浅く、まだ意識のある時に言った言葉は
「ここにいたら殺される、出してくれ」だった。

担当医に、この事を告げると、嫌な顔をして「転院は無理です。
搬送に耐えられない」と答えただけだった。

私には、どうする事もできず。咄嗟に『宜しくお願いします』と言ってしまった事を後悔した。
2013年05月12日 00:17

37日間の地獄の始まり

父は、検査だけと思って行ったようだが、入院させられるはめになってしまった。

病院から呼ばれて飛んで行くと、父が「入院するつもりないんだが・・・」
と言っているのに、半強制的にタンカーに乗せられ、ICUへ向かうところだった。

担当者らしき先生が、私の所へ来て「息子さんですか?お父さんの病気は
心筋梗塞で非常に危険な状態です。

お帰しする訳にはいきません」と言われ咄嗟に出た言葉が「宜しくお願いします」だった。

気が動転して、頭の中が真っ白になり、『宜しくお願いします』が反射的に出てしまった。

今思い返すと、まるで、医療ドラマの1シーンを観ているようだ。

ここから、37日間の地獄が始まった。
2013年05月10日 22:59

心筋梗塞の苦い記憶

33年前、私の父が59歳の若さで心筋梗塞になり、某大学病院で亡くなった。

救急車で運ばれたのではなく、左胸部の強痛から10日程経ってから
某大学病院へ行き、検査を受ける為に歩き回り、そのまま、緊急入院となった。

連行された先はICU。そこで、37日後に亡くなった。

かかった医療費は総額約1370万円。

嫌々、病理解剖を承諾させらた上に、3割負担で約400万円、支払わされた。

支払った400万円の内、6~7万円、引かれて約394万円は戻るが
26歳の私に、400万円などある訳がなく、工面するのが大変だった。

もし、米国みたいに国民健康保険がなく、『1370万円、耳揃えて払え』
と言われたら、破産していただろう。
2013年05月10日 00:32

心筋梗塞にはビタミンC

天海祐希さんが、軽い心筋梗塞で入院した。心配だ。

米国は心臓病大国。米国の医療費はバカ高く心筋梗塞バイパス手術代は、半端じゃない。

聞いた所によると、ニューヨークで、盲腸炎の手術1泊入院で250~260万円かかるとか。

盲腸炎で250~260万円だったら、心臓のバイパス手術にいくらかかるか
考えただけでゾォ~とする。

米国人は心筋梗塞になれば、破産するので予防にビタミンCを沢山飲んでいる。

米国がビタミン大国になる理由が、ここにある。

米国の疾病統計では、ビタミンCの消費量が増えると心筋梗塞の発症数が減る
逆相関関係になっていて、数字が効果を裏付けている。

医学の権威が、いくら『ビタミンCは効かない』と言っても『効果あり』の数字には敵わない。

言葉にウソはあるが、数字にウソはない。

治療に血液をサラサラにする為のアスピリンを使うそうだが副作用を考えると
ビタミンCの方が良さそうだ。

天海さん、ビタミンCを沢山飲んで、早くよくなって下さい。
2013年05月09日 00:57

筋バランス

筋バランスの悪い選手を上げるとしたら、清原元選手が上がる。

PLから西武ライオンズに入団した頃の彼は、良かった。

度重なる、怪我の克服に筋トレを強化し、マッチョになった。

これが良くない。折角の努力が、マイナス方向。

筋トレは、バランスを考えないと、飛んでもない事になる。

ピッチャーの投球後のアイシングと言い、マッチョ筋トレと言い滅茶苦茶だ。

この行為は、高価な宝石をワイヤーブラシで擦っている様なもの。
2013年05月08日 06:52

ゴジラ松井

ゴジラ松井は、石川県の誉れ。

それにしても、2006年の左手首骨折が悔やまれる。

松井さんとイチロー選手を比べると、筋バランスではイチロー選手の方が上。

あの事故が、もし、イチロー選手だったら、左手首だけで終っていたかも。

松井さんの筋バランスが悪かった為に、右膝の故障に飛び火した。

手首が左で膝が右。トラブルは斜めに起きやすい。

膝を痛めても、国民栄誉賞を取ったのだから大したものだ。
2013年05月07日 07:45

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!