神経圧迫が万病の原因、解除は石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

32年の実績。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ オタクの一言 ≫

大きな嘘から自分の命とお金を守れ!

腰椎分離すべり症への心構え

腰椎分離すべり症になりたくなかったら、幼少期からの腰の捻り運動を出来るだけ避けなけ

ればならないが、ゴルフを目指す人にとっては無理な話。ゴルフほどではなくても、野球

ッカー
腰の捻りが要求される。と言う事は、腰椎分離すべり症を心配していたら何も出来な

い事になる。これらの競技を目指す人は、このトラブルのリスクを覚悟して、もし、腰痛に見舞

われたら斜め45度からのレントゲン写真を撮って貰いたい。
2014年03月01日 13:08

腰椎分離すべり症は一生モン

腰をよく捻るスポーツをしているお子さんが腰痛を訴えたら、整形でレントゲンを撮って下さ

い。その時、後方斜め45度から必ず撮って下さい。疲労骨折による腰椎分離症は、この撮

り方でなければ分からない。もし、腰椎分離症だったらスポーツは禁止です。分離症を治す方

法は安静しかなく、安静にしたら必ず治ると言うものでもない。禁止を無視すれば、分離症

らさらに悪化して腰椎分離すべり症になり、一生これで苦しむ事になる。
2014年02月28日 08:20

腰椎分離すべり症の恐怖

ソチオリンピックも終わり、若者の大活躍に日本中が大喝采した。オリンピック選手になる為に

は、幼少期から気の遠くなるような練習が必要だ。幼少期の背骨未完成で、繰り返される

腰の捻りに対して弱い。最悪の場合、腰椎疲労骨折が発生する。これが腰椎分離すべり

と言われるもので、これになったら選手生命は終わる。腰椎椎間板ヘルニアも怖いが、

椎分離すべり症
の方がもっと怖い。
2014年02月27日 08:25

恐ろしい腰椎すべり症

腰椎すべり症には真性腰椎すべり症偽性腰椎すべり症がある。真性とは、年少の頃から

体を捻る運動を繰り返している人に起る椎骨の疲労骨折椎骨が骨折すると、椎骨がすべっ

神経圧迫が発生し、腰と下肢にトラブルが発生する。偽牲の場合は、産後管理の失敗で

が伸びて椎骨がすべるトラブル。真性だろうが偽性だろうが、神経圧迫が発生するのに変

わりない。
2014年02月26日 08:34

膝の水抜き禁止

変形性膝関節症で膝に溜まった水を注射器で抜かれる患者さんは多い。水が溜まるのは

骨のずれ
による神経圧迫のせいで、下肢の筋力が低下し体重負荷のしわ寄せが骨にかか

りすり減る為である。水を抜く時に「水が溜まるから痛いのだ」と説明されるが、正しくは「痛い

から水が溜まるのだ」と言うべきで、勿論、水を抜いてはいけない。関節の修復の為に増えた

水を抜いても、いい事は一つもない。
2014年02月25日 08:43

注射は変形性膝関節症には無効

背骨のずれ神経圧迫が発生すると、当然、下肢の筋力は低下する。には体重の負荷

がかかっているので、下肢の筋力が低下すると体重の負荷のしわ寄せが酷くなりすり減り

始まる。困った事に、更年期を過ぎるとエストロゲンの分泌が止まり、カルシウムが骨から抜

けやすくなるので、すり減るスピードが速くなる。痛み止めの注射を打っても、下肢の筋力低

を止める事にならないので、変形性膝関節症はさらに悪い方向に進む。
2014年02月24日 08:17

変形性膝関節症の悲劇

50~60代の女性患者さんで、膝を痛めてウチにくる人の多くは変形性膝関節症だ。男性患

者さんで、変形性膝関節症の人は少ない。理由は、男性に産後管理の失敗がないからだ。

骨盤背骨のずれが原因で神経圧迫が発生し、内膝に痛みが発生すると整形に行く。最初

は骨のすり減りがないからレ線像は正常だが、痛い所対症療法で時間を浪費しているうち

に骨がすり減り関節胞内に水が溜まってくる。これを注射器で抜くのだが、的外れもここまでく

れば救いようがない。
2014年02月23日 06:20

産後管理失敗の大きなツケ

50~60代の女性も戦後生まれ。戦後の家族構成の変化で、先輩(姑)の産後指導を受けな

かった世代。出産は勿論病院なので、産後管理なんか病院の都合でしていない。当然、骨盤

背骨はユルユルになりたい放題だったが、筋力が今の若いお母さんより強かったので、な

んとか20~30年はもった。若い頃はなんとか筋力でボロ隠しができたが、さすがにこの歳に

なると限界とばかり、骨盤背骨ずれ出し坐骨神経痛変形性膝関節症脊柱管狭窄

が出だす。
2014年02月22日 13:12

お気の毒な膝悪患者さん

膝が悪くて整形に通ってる患者さんは多い。患者さんの多くは女性で、男性は極少ないはず。

中年女性に膝が悪い人が多い理由は、産後管理の失敗で骨盤背骨がユルユルになり、

ずれ神経圧迫を起こしているからだ。膝に痛み止めの注射をしたり、膝に溜った水を注射

器で抜いたりと的外れな対症療法をしている。初めは片膝が悪かったものが、的外れな対症

療法
をしているうちに、もう片方も悪くなり悲惨な結果になる。
2014年02月21日 13:23

ユルユル骨盤と背骨の悲劇

産後管理の失敗からユルユル骨盤背骨になった場合、筋力の強弱坐骨神経痛の発

症に大きく係わる。最近の若いお母さんは、昔の女性と比べると筋力が劣っているので、産後

の早い段階からトラブルが表面化する。一方、50~60代になってから坐骨神経痛変形性

膝関節症
脊柱管狭窄症が発症する人は、老化による筋力低下ユルユル骨盤背骨

を支え切れなくなるのが原因だ。
2014年02月20日 08:38

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!