万病の原因になる神経圧迫の解除は、石川県金沢市の旭姿勢矯正院で!

28年の自信。整体カイロプラクティック骨盤矯正O脚矯正耳つぼダイエット、施術中。

  • 0000094597.jpg
  • 0000094598.jpg
  • 0000094599.jpg

HOMEブログページ ≫ つぶやき ≫

自分の健康は自分で守る!

ブルーライトから目を守る方法

カルナラスン博士の研究チームは、日々ブルーライトに晒されると目にどの様な影響が

出るかについての解明を進める為、テレビや携帯電話、タブレットなどの画面から出る

ブルーライトの値を測定している。カルナラスン博士が勧めるブルーライトから目を守

る方法は、屋外では紫外線ブルーライト両方の遮断に効果があるサングラスを掛け、

暗い場所ではスマートフォンやタブレットを使わない事だ。
2019年06月15日 06:30

暗い場所での使用は避けるべき

研究チームは、『暗い場所でデジタル端末を使用すると、瞳孔が開き、より多くのブル

ーライト
が眼球内に届く事になるので、暗い場所での使用は避けるべき』と指摘してい

る。黄斑変性症は、網膜にある光受容細胞が死滅することによって起きる。光受容細胞

は、感知した光を信号に変えて脳に伝達するためにレチナールという物質を必要とする

が、ブルーライトにさらされたレチナールは、毒性反応によって光受容細胞を傷める。
2019年06月14日 06:04

ブルーライト

こうした状態が長く続くと、視野の中心部に影響を与える黄斑変性症の進行を早める事

になる。50歳以上の約7人に1人には、この疾患の兆候がみられるが、治療法はまだ見

つかっていない。アジス・カルナラスン博士は、『私達はしょっちゅうブルーライト

晒されてが、角膜水晶体はそれを遮断したり反射したりする事が出来ない』と言って

いる。ブルーライトは他の色に比べてエネルギーが強く、波長が短い為、ブルーライト

から受けるダメージは、より大きくなる。
2019年06月13日 06:37

失明する可能性がある

英オンライン科学誌『サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)』に、

携帯電話やノートパソコンの画面を長時間見続けると、失明する可能性があるとする研

究論文が掲載された。米オハイオ州のトレド大学(Toledo University)による新たな研

究では、デジタル端末から発せられるブルーライトによって、目の光受容細胞を死滅さ

せる有害化学物質が出来る事が分かった。
2019年06月12日 07:03

プロバイオティクスや微生物の分泌物を用いて症状を抑える

子マウスでも移植を行った処、より社交的になった。同様の結果は被験者に対する実験

でも得られた。遺伝子の働きの変化は、自閉症患者の微生物がタウリン5-アミノレブ

リン酸
という重要物質2つの分子を著しく少なく生産するという事実と関連している。

この違いを見いだしたチームは、遺伝的に自閉症を発症する傾向があるマウスの体内で

これら2つの物質の欠乏が補充されるとどうなるかを検証。タウリン5-アミノレブリ

ン酸
を加えると、症状が大きく緩和した。サルキス・マズマニャン氏は『勿論、人の

閉症
ははるかに複雑であるが、将来的にはプロバイオティクスや微生物の分泌物を用い

て症状を抑える事が出来るかもしれません」と述べた。
2019年06月11日 06:21

子孫の自閉症リスクを減少させた

腸内のマイクロバイオーム(微生物叢)の移植によって、健康なマウス数匹に自閉症

症状を発症させた後、同じ方法で自閉症が治せた。研究結果は学術誌『Cell』に載った。

米カリフォルニア工科大学のジル・シャロン氏は、「腸内フローラの移植は脳細胞の遺

伝子の働きを大きく変え、自閉症を引き起こす可能性がある」と述べた。実験が示すと

ころ、腸内フローラを母マウスに移植することで、その子孫の自閉症リスクを減少させた。
2019年06月10日 06:53

5Gが健康に有害かどうか

米陸軍では『アクティブ・ディナイアル・システム』(ADS)と呼ばれる群衆を分散さ

せる兵器に使用中だとか。5Gの技術と周波数が、この種の兵器に使われているモノと同

一なのは偶然ではない。では、我が身を守るにはどうすればいいのか。EMF(電磁場)

防護服や寝具を購入したり、EMF防護塗料を家に塗る、使用していない時にはPCや携帯

電話の電源を切る、寝る前にすべての電子機器の電源を落とす事などが考えられる。有

線LANの使用もアリだろう。フランスではすでに、国立図書館を始めとするパリの複数

の図書館と大学、多くの自治体の建物や小学校でもWi-Fiネットワークを完全に止めた。

5Gが健康に有害かどうか、議論は紛糾しそうだ。
2019年06月09日 07:57

5Gは世界の歴史上、最も愚かなアイディア

ワシントン州立大学の生化学および基礎医学名誉教授であるマーティン・L・パル博士が

「5Gは世界の歴史上、最も愚かなアイディア」と報告書の中で批判している。彼は「5G

はEUや米国、全人類にとても危険だ! 電磁界曝露が引き起こす8種の深刻な実害と、そ

れらを引き起こすメカニズムに対して動かし様がない証拠がある」と、言っている。米中

露の防衛機関は、この電磁技術を利用して群衆をコントロールする為、皮膚に灼熱感を作

り出すミリ波兵器の開発に積極的に取り組んでいる。
2019年06月08日 06:04

害に気づいていない

バリー・トローワー氏は科学技術情報サイト『Collective Evolution』のインタビューに

対して、「5Gの導入が騒がれているが、実際、このテクノロジーが人体にもたらす有害

性については全く触れられていない。それどころか、一般的なワイヤレス放射線による

健康被害についても表面化しない。公にされない原因の1つは我々の側にあり、多くの

人がその害に気づいていないからで、この種のテクノロジーに安全なレベルなどなく、

生態に打撃を与えると明示する研究自体は、すでに大量に出回っていて、それだけを鵜

呑みにしている」と言っている。
2019年06月07日 06:48

多くの地域住民が体調不良を訴えている

多くの地域住民が体調不良を訴えているが、議会は健康被害との関連性を否定している。

今では、英国全土への5G展開に先駆けた『人体実験』なのではと、囁かれているとか。

その英国から、またしても不穏なニュースが飛び込んで来た。今度は、英国海軍の専門

家が5Gの不都合な真実を暴露したと言う。バリー・トローワー氏は、元英国海軍の兵器

専門家であり、物理学者だ。長年、マイクロ波放射の影響に関する研究をしてきた人で

あるが、現在はこの5G技術に真っ向から反対している。
2019年06月06日 05:57

目から鱗

モバイルサイト

旭姿勢矯正院スマホサイトQRコード

旭姿勢矯正院モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!